WWW.FIDULINK.COM > 一般販売条件

一般条件

販売の一般条件および一般的な使用条件

一般的な商業条件

  1. 目的と範囲

1.1。 現在の一般的な商取引条件は、Suxys LtdによるFidulink間の商取引関係を管理することを目的としています( " FIDULINK ")とそのクライアント( " クライアント ")。 これらの一般的な商取引条件に基づいて、FIDULINKは、会社の設立などのさまざまなサービスをお客様に提供します( " 社会 ")および特定の関連する追加サービス( " 追加サービス»)および銀行または銀行以外の金融サービスプロバイダーとの口座開設の支援( " 銀行口座の開設»).

1.2。 これらの一般的な商取引条件は、オンラインまたは紙で署名されているかどうかにかかわらず、FIDULINKフォームに署名することにより、クライアントとFIDULINKの間で締結される契約の不可欠な部分を形成します( " 契約する ")。 FIDULINKと契約を結ぶことにより、お客様はこれらの一般的な商取引条件に同意します。 価格のリストとサービスのリストは、FIDULINK Webサイト( www.fidulink.com ).

1.3。 クライアントとFIDULINKの間で書面で明示的に合意されていない限り、これらの一般商取引条件から逸脱、矛盾、または補足する他のすべての一般条件は、契約から除外されます。

1.4。 これらの一般商取引条件と契約の間に矛盾がある場合、契約の規定がこれらの一般商取引条件に優先するものとします。

1.5。 FIDULINKは、いつでも一般利用規約を変更して直ちに効力を発する権利を留保します。 これらの変更については、書面による通知によりお客様に通知されます。 FIDULINKが通知日からXNUMX週間以内にこの点に関して書面による異議を受け取らない限り、修正はクライアントによって承認されたと見なされます。

  1. サービスの内容と範囲

会社の設立と管理および追加サービス

2.1。 FIDULINKは、FIDULINK Webサイトに公開されているリストに指定されている管轄区域で、クライアントに会社設立サービスを提供する場合があります( www.fidulink.com )。 FIDULINKはまた、FIDULINKの関連会社または第三者を通じて、受託者、受託者、インターネット販売者アカウント、会社のロゴ、スタンプの任命などの追加サービスの提供を組織する場合があります。会社の、会社のスタンプ、弁護士の力、公証された証明書と文書の使徒。 「関連会社」という用語は、FIDULINKに関して、FIDULINKの子会社または持株会社、あるいはこの持株会社の他の子会社を意味します。

2.2。 すべての追加サービスは、シール、スタンプ、ロゴ、公証された証明書、アポスティールを除き、クライアントと関連する追加サービスプロバイダーとの間の特定の合意に基づいて提供されます。

銀行口座の開設

2.3。 FIDULINKは、銀行または銀行以外の金融サービスプロバイダーに口座を開設する状況でクライアントを支援できます( " 銀行」)。 このコンテキストでは、FIDULINKはクライアントに銀行のリストを提供できますが、銀行の選択を担当するのはクライアントです。 クライアントは、FIDULINKが提供する銀行のリストから銀行またはサードパーティの銀行のいずれかを選択できます。 クレジットカード、小切手帳、インターネットバンキングアクセスなどの追加サービスの正常な実装は保証されておらず、そのまま提供され、保証はありません。 このサービスは、適用法で定められた合法的な目的でのみ使用できます。

  1. サービスを拒否する権利

FIDULINKは、理由や説明なしにクライアントに提供するサービスの全部または一部を拒否する権利を留保し、いかなる状況においても、この拒否に対して責任を負うことはできません。

  1. 法的なアドバイス

FIDULINKは、すべてのサービスについて真実で正しい情報を提供するよう努めていますが、法的なアドバイスは提供していません。 クライアントは、会社の設立と運営に関して必要なすべての法的および税務上のアドバイスを確実に受け、その活動が次のことを侵害しないようにする責任があります。管轄権を有する法律。

  1. 法的目標

クライアントは、契約で付与された権利を違法、わいせつ、不道徳、​​または中傷的な目的で使用しないこと、およびFIDULINKの信用を傷つけないことを保証します。 お客様は、いかなる状況においても、商業目的でFIDULINKという名前の全部または一部を使用または関連付けることはできません。 該当する場合、FIDULINKは、クライアントに対する違反の申し立てがあった場合に、公式の調査機関に協力する権利を留保します。

  1. マネーロンダリングとデューデリジェンス

クライアントは、会社がマネーロンダリングおよびデューデリジェンスとの戦いに適用される法律を確実に遵守するために、後者が必要とみなす情報をFIDULINKに提供します。 FIDULINKに提供される情報が正しいことを確認するのはお客様の責任です。 クライアントはまた、会社に持ち込まれた商品または資金が、直接的または間接的に、犯罪またはその他の違法行為の収益を構成しないことをFIDULINKに宣言します。 FIDULINKがその法的義務を果たすことを可能にするために、クライアントはFIDULINKに、経済的受益者、株主、および会社の取締役に関する変更を完全かつ迅速に通知し続けます。 クライアントによって示された経済的受益者は、契約で要求されるように「フォームA」に署名します。 クライアントは、遅滞なく自社の活動の性質をFIDULINKに通知し、変更はFIDULINKの事前の書面による合意に従うものとします。

  1. クライアントの義務

デューデリジェンスに関連する補足文書の提供には、特に、網羅的ではないが、身分証明書の証明された原本、3か月未満の日付の住所の証明、銀行照会書、文書の証明された原本が含まれる場合がある。企業、および該当する場合は認定翻訳の原本。 すべての証明書は、該当する管轄区域の要件およびFIDULINKからの指示に従って作成する必要があります。 クライアントは、FIDULINKサービスの開始前に、デューデリジェンス義務を果たすために必要な書類を提出する義務があります。

  1. 料金と支払い条件

一般的に

8.1。 お客様は、FIDULINKが請求する料金を支払うことを約束します。 FIDULINKの料金表は、FIDULINK Webサイトで公開されている料金表に表示されます(www.fidulink.com )。 サイトに記載されている費用に加えて、クライアントは、取締役、株主または秘書の会議または会議への参加中に発生した費用を含むがこれらに限定されない、発生したすべての費用を払い戻す必要があることを認めます。当社の臨時総会への出席、通知または宣言の転送の準備に関連する費用、およびその他すべての同様の費用。 FIDULINKは、料金の全額が支払われた後にのみ実行フェーズを開始します。
すべての料金と料金は、FIDULINKが指定する通貨(通常はユーロ)で支払う必要があります。 お客様は、サービス、保証、または責任に関連する苦情を受けて、料金や費用を差し控えることはできません。 同様に、お客様の側で出発する権利は、これにより除外されます。

会社の設立と管理

8.2。 クライアントは、年会費に加えて、会社の設立を許可するためにFIDULINKに一括払いを支払う必要があります(「設立手数料」)。 設立費用は管轄によって異なり、会社の登録事務所(住所)の提供、常駐代理人の提供、および会社が最初から完全に運営できるようにするためのすべての文書が含まれます。登録、すなわち:ローカルレジストリによって発行された設立証明書。 ステータス; 取締役の任命、株式および株式証明書の配布に関する決議。

年会費は、当社の登録または更新時に毎年支払う一律の料金です。 これには、管轄区域の現地法に関連する会社の維持、および当該管轄区域の登録事務所、登録代理人、および政府手数料の更新が含まれます。 これらの料金は返金されません。

クライアントは、政府税、関税、税金、その他の第三者への支払いなどの他のすべての税金、および支払いを含む取締役または受託者株主の手数料および譲渡手数料についてFIDULINKに責任を負います。すべてのマイナーな正当な費用。

クライアントは、FIDULINKが年会費を確認する権利を認めます。 料金体系の変更は、料金に関連する期間、サービス開始の少なくともXNUMXか月前にお客様に通知されます。 顧客は、自分の名前で作成された有効なVisaまたはMasterCardクレジットカードを使用して、または銀行振込によって、FIDULINKに起因する料金を支払うことができます。 支払い手段としてクレジットカード(または同様の手段)のデータをFIDULINKに送信する顧客は、FIDULINKがクレジットカードに費用および/または費用、税金、義務の全額を請求することに同意します。サービスに関連するFIDULINK、およびその他すべての正当な支払いまたは小額の費用。 お客様は、FIDULINKがこれらの一般条件およびプライバシーポリシーに従ってカードデータを記録および使用する場合があることにも同意します。

 

カードによる支払いの特別条件

8.3。 FIDULINKによる定期的な請求と、そのような失敗をクライアントに通知するための合理的な努力にもかかわらず、年会費の支払いが期日を迎えている場合、クライアントは、FIDULINKがクライアントの(デビットまたはクレジット)カードから借方に記入できることに同意します。会社を良好な登録ステータスに戻すために課せられるペナルティまたは罰金を含む、この性質の未払い額。

この場合、クライアントはさらに、FIDULINKがデビット日から60日以内にクライアントの会社に関連する年間登録料を支払うこと、および登録ペナルティとしてデビットされる金額に含まれることを承諾します。 60日間の待機期間に関連する追加のペナルティ額。

8.4。 第三者がお客様に代わってカードで支払いを行う場合、お客様は、カードの使用およびカードデータの処理に関して、カード所有者が支払いに同意していることを保証します。一般的な条件とプライバシーポリシー。 顧客は、このスペースで取得できるモデルに署名し、所有者の宣言に準拠するために、所有者から取得する義務があります>>。

 

銀行口座の開設

8.5。 お客様は、銀行口座の開設に関連するサービスの提供のための一時金をFIDULINKに支払う義務があります。 これらの管理手数料は、予告なしにいつでも変更される可能性があります。 管理費はユーロ(EUR)で表されます。 FIDULINKがサービスの実行を開始する前に、お客様は管理料金を支払う必要があります。 クライアントは、有効なVisaまたはMasterCardクレジットカードを使用して、自分の名前で、または銀行振込によって、管理費をFIDULINKに支払うことができます。 支払い手段としてクレジットカードのデータをFIDULINKに送信する顧客は、FIDULINKが、宅配便サービスの費用に加えて、選択したアカウントの管理料金の全額をクレジットカードに請求することに同意します。要求された場合。

 

取締役の任命

8.6。 クライアントは、FIDULINKに提出された注文書に従って会社の取締役に任命され、委任の受諾宣言にまだ署名していないすべての人が実際に同意したことを証明します。会社の登録時に取締役としての任務を遂行し、取締役に指名された各自然人が18歳に達していること。

 

その他の寄稿者サービス

8.7。 お客様は、サードパーティのサービスプロバイダーとの接続に関連するサービスの提供、またはサードパーティプロバイダーからのそのようなサービスの取得の申請を目的とした支援について、返金不可の一時金をFIDULINKに支払う義務があります。 この合計は、FIDULINKのコストをカバーするためにのみ収集されます。 クライアントは、FIDULINKがクライアントとサードパーティのサービスプロバイダーとの間に確立された契約関係の当事者ではないことを認めます。 クライアントは、FIDULINKがクライアントに受け入れられた場合に、サードパーティのサービスプロバイダーからビジネス紹介プレミアムを受け取る可能性が高いことを認め、クライアントはそのようなプレミアムの撤回に対する請求を明示的に放棄します。

  1. コミュニケーションと指示

クライアントとFIDULINKは、FIDULINKが送信できる、メール、電子メール、専用のFIDULINKインターネットポータル、またはファックスSUBJECTを介して、相互に指示、通知、ドキュメント、またはその他の通信を送信できます。費用報告書または電子メールで添付された料金。 クライアントとFIDULINKは、すべての指示、通知、文書、またはその他の通信を証拠として保持する必要があります。 FIDULINKを対象としたすべての通信は、本社またはFIDULINKがクライアントに書面で通知したその他のアドレスに送信され、クライアントを対象としたすべての通信は、そのアドレスまたはクライアント以外のアドレスに送信されます。書面で承認されなければならないposterestante命令を含め、常に書面でFIDULINKに通知します。 FIDULINKは必要に応じて常にクライアントに連絡できる必要があるため、クライアントは、住所、電子メールアドレス、または電話/ファックス番号を変更した場合、ただちにFIDULINKに通知することを約束します。 クライアントが特定の会社または複数の会社のすべてのFIDULINKサービスを終了する場合は、電子メールによる終了通知をに送信する必要があります。 info@fidulink.com .

  1. データの処理と保護

10.1。 FIDULINKは、一般データ保護規則(RGPD / GDPR)の定義に従って、「データ主体」とも呼ばれる、識別された、または識別可能な自然人に関連する情報を含む個人データを処理します。 識別可能な自然人とは、特に名前、識別番号、位置データ、接続識別子などの識別子を参照することによって、または特定のXNUMXつ以上の要因によって、直接的または間接的に識別できる人のことです。この自然人の生理学的、生理学的、遺伝的、精神的、経済的、文化的または社会的アイデンティティ。

データ処理とは、収集、記録、整理、構造化、保存、取得など、自動または手動を問わず、個人データに対して実行される操作または一連の操作を意味します。相談、改作または修正、使用、送信による通信、そのようなデータの配布、消去または破壊、ならびにデータの提供、配置または組み合わせ、それらの制限または削除。

個人データの受信者には、下請け業者または補助機関として機能するFIDULINKグループの企業、サービスに関連する管轄区域に居住するエージェント、ITおよび通信サプライヤー、クライアントが所有する銀行を含むその他のサードパーティサプライヤーが含まれます。提示されることを明示的に望んでいる、企業の公的登録簿、または法務当局。 これらの開示はそれぞれGDPRに従って行われ、第三者との関係は契約に基づくものであり、これにより、両当事者は、データ主体の個人データを処理するすべての人の機密保持義務などのGDPR義務を遵守します。

顧客を知る義務(「KYC」)を遵守し、サービスが正しく提供されるようにするために、処理されるデータには、姓名、国籍、生年月日など、クライアントの詳細が含まれます。 、住所、住所、パスポート番号、パスポートの有効期限、識別可能な人物の連絡先データ、およびこの個人データとお客様のサービス手順を確認する補足文書。

お客様は、契約関係を通じてFIDULINKとの個人データを最新の状態に保ち、FIDULINKが規定する形式で最新の状態に保つ義務に関連する補足文書を提出する義務があります。

10.2。 FIDULINKグループの企業または常駐エージェントは、FIDULINKに代わって下請け業者として個人データを処理する可能性があります。FIDULINKは、該当する場合、データ管理者のままです。 データを共有する当事者に関する詳細は、プライバシーポリシーで入手できます。

10.3。 お客様は、FIDULINKに連絡するか、にメールを送信することで、より多くの情報を入手できることを認めます。 info@fidulink.com 。 すべての通信は英語で行われます。 その他の言語は、クライアントへの礼儀としてのみ、FIDULINKが独自の裁量で使用することができます。

10.4。 お客様には、同意を取り消す権利があることが通知されます。 同意の撤回は、撤回前の処理の合法性にも、法的義務の遵守など、処理を正当化する別の理由が存在する場合の処理​​の継続の合法性にも影響を与えません。

クライアントは、個人データがクライアントによってFIDULINKに送信されるサードパーティのデータ主体の完全な同意を取得したこと、およびこの同意がFIDULINKによる、またはFIDULINKを介した個人データの処理をカバーすることをFIDULINKに保証します。このサードパーティのデータは、サービスの提供または慎重な義務の遵守を理由として対象となります。

10.5。 FIDULINK、その取締役、従業員、または代理人は、データを機密として扱う必要があります。 すべてのセキュリティ対策にもかかわらず、電子メール通信や個人の財務データを含むデータは、クライアントとFIDULINKの間の送信中に、許可されていない第三者によって表示される場合があります。 FIDULINKと通信する目的で、お客様は、FIDULINKで使用されるプロトコルと互換性のあるデータセキュリティプロトコルをサポートするブラウザソフトウェアを含むがこれに限定されない、サードパーティによって作成されたソフトウェアの使用を要求される場合があります。 。

10.6。 この条項の文脈で提供される情報は、データ保護の部分的な提示を構成します。 これについては、この目的のために提供されているリンクから入手できるプライバシーポリシーで詳しく説明されています。

  1. 法的な無能力

クライアントは、この無能力が書面でFIDULINKに通知されていない限り、彼の人または彼の弁護士または他の第三者に関連する法的無能力に起因するいかなる不利益のリスクも負います。

  1. responsabilité

12.1。 特定の規定を損なうことなく、FIDULINK、その取締役、従業員、または代理人が責任を負わない限り、FIDULINK、その取締役、従業員、または代理人の過失または不作為に起因する損害は、クライアントが負担する必要があります。 ''重大な過失、詐欺、または適用法の下で除外できないその他の責任を負った。 FIDULINKは、スタッフ、管理者、または管理者の職務遂行における機械的故障、ストライキ、遅延、または故障によって被った損失について責任を負いません。 。

12.2。 エラー、失敗、怠慢、他の人、システム、機関、または支払いインフラストラクチャによる作為または不作為によって直接的または間接的に引き起こされた、または生じた損害お客様の負担となります。

12.3。 追加サービスを実施できない場合、FIDULINKは責任を負いません。 追加サービスに対するFIDULINKの責任は、その関連会社またはその他の第三者の選択、指示、および監督に厳密に限定されます。

12.4。 郵便サービス、電信、テレックス、ファクシミリ、電話、およびその他の通信手段または輸送手段の使用に起因する損害または損失、特に遅延、誤解、劣化に起因する損失、 FIDULINKが重大な過失を犯した場合を除き、第三者による虐待またはコピーの複製はお客様の責任となります。

12.5。 FIDULINKは、契約で提供されているサービスの実行に必要な通信手段のXNUMXつ、または契約で提供されているサービスのフレームワーク内で受信したメールや電話に障害が発生した場合、責任を負いません。 FIDULINKは、送信が失敗した場合、不完全な場合、または紛失した場合を含め、指示の使用またはファックス送信から生じる損失または損害について責任を負いません。

12.6。 銀行口座を開設する特定のケースでは、FIDULINKは銀行とクライアントの間の関係において第三者として機能します。 したがって、FIDULINKは、銀行とクライアントとの関係について一切責任を負いません。 FIDULINKには行動する権限がなく、銀行の従業員、代表者、または経営者として行動すること、および/またはその名前にサインインすること、またはいかなる責任も負わないことを主張するものではありません。銀行の名前。

  1. サービスの期間、終了、停止

一般的に

13.1。 契約は指定された期間継続し、その後、最初の期間の長さに等しい連続する期間にわたって自動的に更新されます。 他のすべての側面については、契約は同じ条件で自動的に更新されます。 FIDULINKまたはクライアントは、相手方に書面で少なくともXNUMXか月前に通知することにより、そこに記載されている期間、または延長または更新期間の終了時に契約を終了することができます。 終了は、終了前に発生した、または終了前に行われた作為または不作為に関して発生した当事者の権利または義務を害することなく理解されます。 正当な理由による即時終了の権利は留保されます。

13.2。 クライアントが適用法またはこれらの一般利用規約に違反した場合、FIDULINKは、FIDULINKの関連会社または第三者が提供する追加サービスの契約を含め、契約を直ちに終了することができます。 そのような場合、クライアントは、そのような終了後に会社で空席になったポジションを置き換えるために必要なすべての措置を講じる必要があり、FIDULINKはそのような即時の終了後にいかなる損害についても責任を負わないことに明示的に同意します。

会社の設立と管理

13.3。 会社の運営に関する契約は、750,00年間有効です。 クライアントが契約を終了するか、FIDULINKに会社の管理を別のエージェントまたは会社のサービスプロバイダーに譲渡するか、会社を清算するように要求した場合、FIDULINKは、すべてが完了するまで会社を譲渡または清算しません。未払いの支払い、すべての費用および/または料金(政府の税金、義務、税金、その他の第三者への支払い、および取締役または受託者の株主に関連する料金を含みますが、これらに限定されません)と€XNUMXの転送料金)が全額支払われました。

会社が設立され、関連する管轄区域に登録されるとすぐに、クライアントは代理店契約に署名することを約束します。 これに失敗した場合、FIDULINKは、前述の委任契約がお客様によって署名されていない限り、当社に関連するソーシャルドキュメントのお客様への送信を拒否する権利を留保します。

次の3つの条件が満たされた場合、クライアントは、組み込み料金から宅配便費用を差し引いた全額を返金します。(i)FIDULINKがクライアントの会社を作成できない、および(ii)FIDULINKがすべてを受け取ったスイス銀行のデューデリジェンス契約の特定の指示に従って認証されたクライアントの有効な身分証明書のコピーおよびから要求された文書を含む、クライアントによって正式に記入された必要な文書特に60か月以内の公共料金の請求書、カリキュラムの概要、銀行からのリファレンスレターなど、FIDULINKによるクライアント、および(iii)払い戻しのリクエストがクライアントによる憲法費用の支払い。

銀行口座の開設

13.4。 サービスは銀行による口座開設で終了し、その後、クライアントと銀行の間ですべての関係が確立されます。

顧客は、銀行口座の開設要求から3暦日以内に要求をキャンセルすることを決定できます。 次の3つの条件が満たされた場合、クライアントは設置料金から宅配便費用を差し引いた全額を返金します。(i)銀行は、FIDULINKの助けを借りて、クライアントのアカウントおよび(ii)FIDULINKまたは銀行は、クライアントに関連する契約の正確な指示に従って認証されたクライアントの有効な身分証明書のコピーを含む、クライアントによって正式に記入されたすべての必要な文書を受け取りました。スイスの銀行のデューデリジェンス義務およびFIDULINKによってクライアントから要求された文書(クレジットカードの口座明細書、公共料金の請求書、雇用契約、設立証明書、またはこれらに限定されない) 'ファンドの経済的起源の他の証拠。 これは、払い戻しが提供される唯一のケースです。 顧客がXNUMX暦日後にリクエストをキャンセルすることを決定した場合、理由の如何を問わず、返金は提供されません。

払い戻しモダリティ

13.5。 払い戻しは、FIDULINKへの支払いに使用されたのと同じ支払い方法でのみ行うことができます。

  1. 分割可能性

ここに含まれる条項が、書面による法律に基づいて、またはなる可能性がある場合、または裁判所、行政機関、または管轄区域によって違法、無効、禁止、または執行不能と見なされた場合、そのような条項は機能しないと見なされます。そのような違法性、無効性、無効性、禁止または適用不能の範囲で。 他の条項は引き続き有効です。

  1. 割り当て

そのサービスの実行のために、FIDULINKはその権限の下にある下請け業者を雇う権利を留保します。 契約に起因するクライアントの権利と義務は、FIDULINKの書面による同意がある場合にのみ第三者に譲渡することができます。

  1. 適用される法律と管轄の場所

本契約は、英国の法律に従って管理および確立されます。 契約の締結、有効性または終了に関連する事項を含む、契約に関連して生じる当事者間の不一致は、英国の裁判所の専属管轄権に従うものとします。

 


 

  • モナコ :+33(0)9 70 44 40 47
  • イングランド :+44(0)20 32 89 59 99
  • エストニア :+ 372 602 7197
  • アメリカ  :+ 1 302 803 5842
  • メキシコ: +52 55 8526 1059
  • アイルランド: +353 1 437 8587
  • シンガポール: +65
  • 香港: +852
  • カナダ: + 1 514 612 84 89
  • ブラジル: +55 61 4042 1508
  • ベルギー: + 32 460 21 63 26
  • ギリシャ: + 30 21 1198 92 00
  • リトアニア: +370
  • ルクセンブルク: + 352 28 80 49 96

 

これを共有
メールを送る
閉じるスライダ